「広報うえのはら」令和3年9月号(No.199)に掲載されました【電子版/紙版】

有限会社井奥(本社:山梨県上野原市、代表取締役社長兼CEO:坂戸順子)は2021年(令和3年)9月号に山梨県上野原市が運営する情報誌「広報うえのはら」の紙版と電子版にそれぞれ掲載されました。

 

 

掲載の概要

紙面内の特集「活用しませんか?空き家・空き店舗バンク」の5ページ目の下部に上野原市が企画するYou Tube(ユーチューブ)メディア「めためた UENOHARA」と共に弊社の社名と写真が掲載されました。

 

広報うえのはら 令和3年9月号(No.199)に掲載

 

 

掲載の背景

有限会社井奥 /AGLUCA(アグルカ)は「空き家バンク」を活用し2021年3月に経営者2人が東京から山梨県上野原市へ移住、同様に縫製工場は2021年6月に兵庫県三木市から上野原市へ移転した。 

 

 

広報うえのはら〜頑張るあたなを応援する情報誌〜とは?

山梨県上野原市が企画し毎月1回、月初に発行される無料の情報誌です。紙版、電子版があります。 

発行元:上野原市役所
著者名:総務部 政策秘書課 秘書広報担当

発行日:令和3年9月1日 ※毎月月初発行
費用:無料

 

広報うえのはら 令和3年9月号(No.199)に掲載されました。 

 

 

電子版の記事の掲先

5ページ目(全24ページ)

https://www.spbook.jp/sample/522357458/21071860s/HTML5/pc.html#/page/5

 

 

【有限会社井奥について】

井奥は1991年の創業以来、アパレル縫製の技術向上に努めて参りました。2021年4月個人M&Aで事業承継し現在では、アパレル製品の企画、デザイン、パターンメイキング、サンプル制作、量産を一気通貫(ワンストップ)で提供しています。また、縫製員の労働環境を改善、残布などの廃棄物削減、工場のCO2削減に向けた取り組みを実施してまいります。縮小傾向が続くアパレル業界を次世代につなげるべく邁進いたします。
 

 

【AGLUCA(アグルカ)とは?】

有限会社井奥が運営する縫製工場及びオリジナルアパレルブランドの名称です。
2021年5月事業承継により新名称を追加しました。

※名前の由来はこちら

  

 

【会社概要】

本社:〒409-0121 山梨県上野原市四方津2129
代表者:代表取締役CEO 坂戸順子
設立:1991年11月1日
資本金:300万円
Tel:0554-37-0703
URL:https://agluca.com/
事業内容:アパレル縫製、紳士服、婦人服の製造販売、アパレルOEM、アパレルODM、パターンメイキング、オリジナルのアパレルブランド(D2C)
※会社概要はこちら
※SNS : instagram   Facebook

 

 

【リリースに関するお問い合わせ先】

企業名:有限会社井奥
担当者名:坂戸順子
TEL:0554-37-0703
E-Mail:info@agluca.com
product-template.liquid