パターン(型紙)費用(料金/価格表)│アパレルOEMアグルカ

パターン(型紙)作成を依頼した場合の相場、単価はいくら(何円)?

デザインの複雑さ(難易度)毎の料金テーブルを一覧で用意しました。また良いパターンの見分け方も記載してます。

つまり デザインした服を作ってくれる 費用です。

 

 

パターン(型紙)制作費用(料金表)

アイテム
デザインの複雑性 高
デザインの複雑性 中

デザインの複雑性 

カットソー 30,000円〜 20,000円〜 10,000円〜
スカート 30,000円〜 25,000円〜 10,000円〜
ブラウス 25,000円〜 20,000円〜 12,000円〜
シャツ 27,000円〜 22,000円〜 12,000円〜
パンツ 30,000円〜 24,000円〜 12,000円〜
ワンピース 29,000円〜 21,000円〜 15,000円〜
ジャケット 50,000円〜 35,000円〜 25,000円〜
コート 50,000円〜 36,000円〜 26,000円〜 

※上記以外にもベストやドレス、犬用、猫用のパターンなどもご相談ください。

 

 

トワル(両身)作成費用

上記のパターン代に+5,000円〜8,000円程度 

シーチングという仮の生地を使って作成したパターン通りに縫製した場合想定どおりの服に仕上がるか?微妙なサイズ感など確認した際などに作成する場合があります。

※トワルが必要か不要かはパタンナーと相談の上、決めましょう。

 

 

パターン(型紙)作成における料金の注意点

パターン(型紙)のサイズ展開(グレーディングとは?)

Sサイズ、Mサイズ、Lサイズなど、サイズ毎にパターン(型紙)も作成する必要があります。例えば最初にMサイズのパターンを作成し、そのパターンが確定したらSサイズ、Lサイズなど確定したパターンを元にサイズに毎にパターンを微修正します。これをグレーディングと言います。 

 

生地(素材)毎にパターンを作成する場合もある

使用する生地が変わると同じデザインでも縫い縮み、アイロン(プレス)による生地の縮尺も再計算する必要があります。グレーディングと同じような作業が必要な場合もあります。

 

 

グレーディング(型紙のサイズ展開)の費用・価格単価

1パーツあたり 750円〜

一般的な長袖のボタンシャツの場合、大体10つのパーツ程で形成されているので、その場合10パーツ×750円=7,500円で1サイズ追加する事ができます。

 

 

パターンの修正費用・価格単価

1パーツあたり 850円〜

デザインを多少変更する、何かの仕様を変更する場合の修正費用です。

そもそも全く異なるデザインにする場合はパターンは作り直し

 

 

良いパターン、悪いパターンの見分け方

縫製の難易度(縫いやすい)

同じデザインの服でも縫製の難易度が上がる型紙、縫製しやすく難易度が下がる型紙 があります。縫製の事まで考慮された型紙だと縫製時間が短縮され縫製単価を下げる事ができます。

 

型紙(パターン)どおりに裁断・縫製しても服が作れない

このページの冒頭でも記載しましたが、アイロン(プレス)により生地が縮んだり、縫製時に生地が伸びたり、という事は大変よく発生します。ですから型紙どおりに生地を裁断し、縫製してもアイロンにより生地が縮み少し型紙よりサイズが少し小さい服に仕上がったり事もあるので、使う素材に応じて縫製、アイロンによる生地の縮尺まで予め考慮されているか?が重要です。

 ※参考:縫製料金の相場をご紹介

※参考:服作りのお見積り例をご紹介

 

その他

服作りに関する「よくある質問」ページを作成しました。参考になさってください!