アパレルODMとは?OEMの違い

 このページではアパレル縫製工場運営するAGLUCA(アグルカ)が、

・はじめてアパレルブランドを立ち上げる方(初心者)

・初めて縫製工場にODM(オーディーエム)の依頼を検討している方

に向けてアパレルOEMと比較しながらODMを解説します。 

 

 目次

アパレルODMとは?

アパレルODMの流れ(フロー)

アパレルOENの流れ(参考情報)

OEMとODMの違い・比較

ODMのメリット

ODMのデメリット

ODMの費用(外注費)は?

OEMを依頼する際の注意点

 

 

アパレルODMとは(概要) 

ODM(オーディーエム、英語Original design manufacturing)とは、服の企画・デザインを含む服作りのプロセスを全て外部企業に外注することです。

 

 

アパレルODMの流れ(フロー)

1.ODM会社が服の企画(試作品を作成)する
2,アパレルメーカー(ブランド)にOEM会社が試作品(サンプル)を提案する
3,アパレルメーカーに企画・提案した服が採用された場合、量産する
4,ブランドから支給されたブランドのタグを量産した服の縫い付ける
5,アパレルメーカー(ブランド)に量産した服(商品)を納品する

 

 

アパレルOEMの流れ(参考情報)

1.服のデザインを決める・用意する
2.生地と糸、ファスナー、ボタンなど副資材を決める
3.パターン=型紙(服の設計図)を作成
4.縫製の仕様書作成
5.サンプル(試作品)作成
6.お見積り
7.量産
8.納品

詳しくアパレルOEMを調べる場合はこちら

ODMはこの1〜8までプロセスをすべて外注する事です。

 

 

OEMとODMの違い・比較

OEM(オーイーエム)とは?

アパレルメーカー(ブランド)自身が内製で社内リソースなど使い服のデザイン、生地、ボタンなど副資材を選定し、生産(縫製)場合によってはパターン(服の設計図=型紙)を含めて外部委託する事をOEMと言います。

つまり製品の企画は自社、生産は外注

 

ODM(オーディーエム)とは?

服の企画・デザイン、生地の選定・調達から生産まですべてを外注する事をODMと言います。

 

 

ODMのメリット

1枚の服を企画する事はマーケット(市場)のリサーチ、社内会議を経て型紙作成、生地等の選定・調達、サンプル(試作品)作成とかなり時間がかかります。

1,社内リソース不足解消

ODMはアパレルメーカー(ブランド)の社内の人員や工数を多く使う事なく(内製より少ない工数)服をデザイン・生産できるので、限られた人員で自社の製品ラインナップを拡充する事ができます。

2,新しい視点の獲得

服のデザインに限った話ではありませんが、社内(同じメンバー)だけでディスカッションや調査・会議をしているとマンネリ化や盲点が生まれます。ODMという手法を用いて外部の企画・デザインが社内に入る事で内製の企画も躍動しブレークスルーを起こせます。

 

 

ODMのデメリット

前述の通り膨大な時間がかかる服の「企画」を外部の会社に委託するので、その工数分のコストが増えます。

アパレルブランドの値付けはシーズンや商品によって2倍、3倍など値段(上代)が異なるというケースは少なく、ブランド毎に一定の価格帯があるはずです。ODMは自社で企画した商品よりコスト(下代)が増えますが販売価格(上代)をその分大きく上げるわけにもいかず、自社企画商品と比較し利益率は下がります。

 

ODMの費用(外注費)は?

1,服の企画デザイン、パターン、サンプル、量産まで、かかった工数をすべて見積もりにして費用を算出するケース

2,生地、副資材、縫製の費用をOEM生産と同様に算出し通常通りお支払いし、「市場調査、服の企画・デザイン、サンプル制作」のコストはレベニューシェア(売上の●%を支払う)にするケース

2種類あります。

アパレル業界におけるODMはレベニューシェアのモデルが多い印象です。

 

ODMを依頼する際の注意点

レベニューシェアのモデルで対応になる為、アパレルメーカー(ブランド)は確立された販売チャネル(実店舗やオンライン)を持っている事が前提となります。

つまり売れる服を作りさえすれば、お客様に商品を知ってもらい、買ってもらえる土壌がある事(お客様がいる)が前提です。

せっかく企画・デザインしたのに売れない(それはデザイン自体に問題がある場合もありますが)と調査、企画・デザイン、サンプル制作部の費用が回収できません。

 

AGLUCA(アグルカ)では縫製工場でありながらODMの対応もできます。是非お問い合わせください https://agluca.com/pages/contact